Blog:
ケーススタディ:半導体不足の状態に、新500円硬貨の適用での、困りと出来る対策。

Wednesday, August 24, 2022
500 Yen coin - Vending Machine Note
500 Yen coin - Vending Machine Note
序文

2021 年 10 月、日本で入手可能な最高額の500円硬貨の新しいバージョンをリリースすると日本の財務省が発表しました。

これにより、現在の半導体不足の間に予想外の問題が発生しました。このブログ投稿で、この問題や業界がどのように変化に直面しているかについて説明します。

新しい500円貨について

形と言えば、新しいコインは以前のコインと非常に似ていますが、根本的な違い何箇所あります。 新硬貨の自体は重くて(7.1 グラム対 7 グラム)、以前の単一のニッケル黄銅と比較して、ニッケル黄銅、白銅、銅の異なる合金を使用しています。 直径は変わらず26.5ミリです。 外輪側の模様にも若干の違いがあります。

左側が新しいコイン、右側が以前のコインです。
Japanese 500 Yen coin old new comparison

ソース:日本の財務省

現在の半導体不足状況が新しいコインの採用にどのように影響を与えていますか

2020 年以降、いくつかの問題により、現在のサプライ チェーンは大きな影響を受けています。 半導体だけでなく、アルミニウムなどの他の材料も、企業が必要な部品を入手できないという厳しい制約に直面しています。

日本では、「自動販売機」(または「自販機」)の産業が巨大でしょう。 2018 年までに、日本には 250 万台近くの自動販売機があったと推定されています。

The Vending Machines

財務省の発表により、自動販売機のベンダーは、新しいコインを受け入れられるようにするためにたゆまぬ努力を続けてしましたが、発表から12 ヶ月後でも、新しいコインを使用した「使えない自販機」の記事がまだかなり見られますね。

Statement - 500 Yen Coin Unusable Vending Machines

(上記の記事:https://www.fnn.jp/articles/-/381649

ただし、この問題は自販機に限らず、基本的には公共交通機関やレストラン内の発券機なども、500 円コインを使用するすべての決済システムに当てはまりますね。

New 500 Yen coins not accepted Vending machine

(上記の記事:https://www.tbsradio.jp/articles/52091/

日本は現在、キャッシュレスの採用によりデジタル化が進んでいますが、人口の大部分は依然としてお金を使用するでしょう。

JIHAN株式会社との最近のインタビューで、コンポーネントの供給がこの新しいコインの採用に対する最大の制約だろうと明らかにされました。

Interview with JIHAN Co. Ltd.

Googleで新500円硬貨の情報を探すと、「新500円コインは使えない」が検索のトップになります。

500 Yen coin Google search
対策
弊社は影響された顧客と密接に連絡を取り合っています。日本自動販売システム機械工業会(JVMA)という団体に加盟されるある会社と確認したら、対策はほとんど下記の様にまとめます:
  1. ハードウェアの切り替え
  2. ファームウェア交換

「比較的新しく開発されたコインメックであれば、ファームウェアでの新500円対応ができる可能性は高く、ファーム交換には1台当たりの費用はかかりますが、買い替えよりはコストは低いです」とこの会社の開発部のエンジニアは語りました。

「二つのケースの割合は言いずらいですが、最近の開発により、五分五分になっているそうです」も弊社に言われました。

J V M A - Japan Vending System Manufactures Association

「競合他社が部品を入荷することができなかったためにビジネスを諦めたケースがありました。それで、弊社の売り上げのビジネスが増えました」と弊社の代理店のユニテック電子社が語りました。

「そうですね。顧客が以前のサプライヤーから必要なコンポーネントを入手できないため、新規プロジェクトを他のハードウェアから切り替えるというリクエストが最近結構増えています。非常にワイルドな状況ですね」 と弊社のもう一つの代理店、アドテック社も述べました。

トラデックスジャパンの社長、アルバロ・ガルシアは「弊社の見解は、企業が部品を入荷することができないきっかけに、ハードウェアの切り替え依存が減り、ソフトウェアの更新だけのメリットが自然に明確にして世界中の適用もどんどん増えてきます」「世界がよりつながっているため、物理的にデバイスのある所まで行く要性が減り、顧客の費用も削減されます」とおっしゃいました。

これで、コインを扱いできる様にソフトウェアをアップデートするだけの問題になりますので、オンラインでアップデート出来るシステムは非常に有益となります。

オンラインアップデートのシステムのメリット

最も直接的な利点は、物理的にデバイスのある所まで行く要性が完全になくなり、時間と余分なコストを節約できることです。 オペレーターは、1台ずつに到着してデバイスを開きや操作せず、一つの指示で複数のデバイスに更新を発行することが出来ます。

さらに、一部の更新システムは、デバイスのステータスをチェックするためのデバイス監視も提供し、問題が発生した場合はデバイスを再起動できるため、応答時間が改善されます。 ほとんどの自動販売機には、「在庫切れ」等を報告するためのあるメカニズムが既に組み込まれていることを理解していますが、システムの温度やフラッシュ デバイスの寿命など、HW 自体のステータスに関する情報はあまりありません。

Device Monitoring and Update
オンラインアップデートのシステムのデメリット

デバイスはインターネットに接続されているため、サイバー攻撃を受けやすくなり、デバイスを保護することが重要です。 すべてのシステムが同等に作られているわけではないので、安全な更新システムのみを使用すべきです。

この更新システムは通常、サブスクリプション ベースで請求されるため、定期の費用が発生します。

Online Update System
費用の比較表
「オペレーターさんがアップデートに行く要件」
  • デバイス数:5000台
  • オペレーター作業: 1.5 時間 (作業) + 1 時間 (移動)
  • 費用:5000円/1時間(オペレーターさんの時給、交通費込みのすべての会社負担)
費用の合計:2.5 x 5000 x 5000 = 62,500,000円です。

「オンラインアップデート要件」
  • デバイス数:5000台
  • オンライン更新の定期的な費用:月額 250 円/1 台
  • オペレーターの作業: 更新全体で 1 時間。
  • オペレーター時給:3000円。
費用の合計:250 x 12 x 5000 + 3000= 15,003,000円・1年間です。

さらに、これには、オペレーターが適切な調整を行うために間に合うように通知されていた場合に防止できたはずの必要なメンテナンス作業は含まれません。

したがって、安全な更新システムを提供することに加えて、デバイスのダウンタイムを短縮できる信頼性の高いデバイス監視サービスも必要となります。

Toradex(トラデックス)は自社製の システム・オン・モジュールを提供して、オンラインアップデートを強みにしているTorizon(トライゾン)プラットフォームで完全なソフトウェアアップデートとデバイス監視するのは楽になります。組み込み製品のハードウェアとソフトウェア間の優れた統合を実現する数少ないワンストッププロバイダーの 1 つになっています。

Toradex Ecosystem

弊社のシステム・オン・モジュールの詳細: https://www.toradex.com/ja-jp/computer-on-modules/definition

Torizon( 読み方:トライゾン)プラットフォームの詳細: https://www.toradex.com/ja-jp/torizon

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください:
ご対応致します!

Share this on:

Leave a comment

Your email ID will be kept confidential.



* Your comment will be reviewed and then added. Thank you.

Have a Question?