プレスリリース: トラデックスが結合容易なカメラモジュールを発売

2017年10月12日木曜日

Apalis新しいモジュールにより、マシンビジョンアプリケーションの試作が簡単に可能になります

新しい OV5640 5MP MIPI-CSI カメラモジュールの発売に興奮を覚えます。 このモジュールは Ixora キャリアボード と共に使用できる Apalis システムモジュール (SoM) ファミリー用のアドオンボードです。

この CSI カメラモジュールは、オートフォーカス内蔵の OmniVision OV5640 カメラセンサーを使用しています。 OV5640は、低電圧で高性能な 1/4 インチ、5メガピクセル (2592x1944) の CMOS イメージセンサーです。

含まれる主な機能:
  • Support for video capture at up to 120 frames per second (FPS) at 320x240, 30 FPS at 1080p or 15 FPS in the full 5-megapixel resolution
  • Direct connection to the MIPI Camera Serial Interface 2 (MIPI CSI-2) on Apalis carrier boards using a 24-way 0.5 mm pitch FFC cable
  • No requirement for an external power supply
  • Compatibility with Toradex Yocto Project-based Standard Linux
  • Compatibility with Windows Embedded Compact (WinCE) 7 and 2013
  • Compatibility with the complete Apalis family including NVIDIA® T30, NVIDIA TK1, NXP® i.MX 6 and the upcoming NXP i.MX 8-based modules
OV5640 5MP CSI camera module; front and back views
OV5640 5MP CSI カメラモジュール; 表裏写真

トラデックスのマーケティング責任者 Daniel Lang は、「この新しいカメラモジュールにより、トラデックスのお客様はコンピュータービジョンプロジェクトを簡単に立ち上げられます。 トラデックスの Apalis コンピューターモジュールは、組込ビジョンアプリケーションに対して実績のあるプラットフォームです。 ディープラーニングなどのテクノロジーや OpenCV, Tenserflow, Caffe といったフレームワークが急速に進化しており、エッジデバイスにおける可能性をますます高めて行っています。」 と述べます。

CSI camera module connected to the Ixora carrier board
Ixora キャリアボードに接続された OV5640 5MP CSI カメラモジュール

このモジュールはトラデックスの ウェブショップ により世界中から購入可能です。 全てのトラデックス製品と同様に、Developer CenterToradex Community などのチャネルを通じた優れたサポート、加えて全世界の トラデックスオフィス から直接のサポートも得られます。

MIPI-CSI カメラモジュールに関する詳細は Developer Center をご覧ください。

Apalis のエコシステムについては、Apalis ARM ファミリー のページをご覧ください。

今月開催の下記イベントでトラデックスのエンジニアと面会ください:
#Embedded Linux #NVIDIA® Tegra™ #NXP® i.MX6 #NXP® i.MX7 #NXP® i.MX8 #Windows Embedded Compact