Yocto ProjectのためのBSPレイヤとリファレンスイメージ

Yocto Projectは、カスタマイズされた組み込みLinuxディストリビューション構築に最もよく利用されるフレームワークの一つです。Toradexは、Yocto Project Participantとしてプロジェクトに参加しており、Yocto Projectと互換性があり、実稼働環境に対応できる品質のBSPレイヤおよびリファレンスイメージをインハウスで保守管理しています。これは、組み込みLinuxプロジェクトを開始する上で理想的な出発点となります。Toradex BSPは、そのまま利用可能なToradexの産業Linuxプラットフォーム、Torizonの基礎でもあります。

Embedded Linux yocto

メリット

無償・オープンソース

Yoctoは無償、オープンソースのソフトウェアです

詳細を見る
実稼働環境に対応する高品質BSP

ToradexのBSPは、インハウスで開発され、継続的に更新されています

詳細を見る
Yocto Projectとの互換性

Toradexの組み込みLinux BSPには、Yocto Projectと完全な互換性があります

詳細を見る
長期サポート(LTS)

LTSソフトウェアを利用し、弊社による変更をメインラインにアップストリームする方針を取っています

詳細を見る
完全にカスタマイズ可能

必要なコンポーネントのみを利用して独自の組み込みLinuxを構築できます

詳細を見る
参照ディストリビューション

参照イメージディストリビューションで開発を加速

詳細を見る

完全にカスタマイズ可能

Yocto Projectを利用すれば、高度に最適化された組み込みLinuxディストリビューションを構築できます。豊富なドキュメントが用意されているので、ディストリビューションのカスタマイズをずっとシンプルに実行できます。

メモリのフットプリントを最小化
  • システムの高速起動を実現
  • アプリケーションが利用できるメモリ容量を増加
カーネルのドライバー
  • カスタムのデバイスドライバーを追加
  • あらゆる周辺機器を利用可能に
オープンソース
  • 簡単にオープンソースのライセンスに順守
  • 利用したくないライセンスをブロックリストに追加

ToradexのYocto Projectリファレンスイメージ

お客様がプロジェクトをスムーズに開始できるよう、Toradexは2つのリファレンスYocto Projectディストリビューションを提供しています。これにはバイナリイメージも含まれます。

Toradex最小リファレンスイメージ
  • PokyベースのYocto Projectの公式リファレンスイメージ
  • コンソールのみ
  • 最小限のフットプリント
Toradexマルチメディアリファレンスイメージ
  • Qt 5との統合
  • GstreamerおよびV4L2
  • Wayland + Weston
  • ハードウェア支援型グラフィックス

Toradex Easy Installerを利用すればリファレンスイメージをワンクリックでインストールできます。

Toradex Easy Installerの利用方法

Yocto Projectには最大限の柔軟性がありますが、習得に時間がかかる上、独自のLinuxディストリビューションを保守する複雑さが加わるという不利な点もあります。アプリケーションの開発に集中したい場合は、利用しやすい産業LinuxプラットフォームのTorizonの採用を検討してください。そのまますぐに利用可能で、バイナリディストリビューションも含まれています。定期的な更新がある上、お客様のユースケースを支えるためのシンプルなカスタマイズを実現する高度なツーリングも提供されています。Toradexは、Torizonを使用してYocto Projectレイヤを構築したので、すべてのカスタマイズオプションの利用も可能です。

高品質のBSP

Toradexの最適化された組み込みLinux BSPは、インハウスで開発、サポートされています。お客様の最終製品に直接統合できるよう設計、検証されています。Toradexの組み込みLinux BSPは、数千に及ぶお客様にご利用いただいており、産業オートメーション、ヘルスケアや運輸分野のクリティカルデバイスの構築に多用されています。

明確な問題追跡
  • 特定の更新の定期購読
  • 問題に関する進捗の追跡
  • 今後のリリースに含まれる機能の確認
  • メインラインに送られた機能の確認
最新のCI/CDインフラストラクチャ
  • 高品質のリリース
  • 迅速なリリースサイクル
  • 自動検証と手動検証
  • 継続的な改善
パート1基礎編
Yocto Projectを利用して組み込みLinuxイメージを構築
パート2(上級編)
Yocto Projectを利用して組み込みLinuxイメージを構築

オープンソース

Docker Hub

Toradexではオープンソースへの取り組みに力を入れています。Toradexの技術の多くはオープンソースを基礎としたものです。Toradexは、数多くのオープンソースプロジェクトへ貢献したり、プロジェクトの保守を行ったりすることで、オープンソースコミュニティに積極的に参加しています。変更のアップストリームを積極的に行い、メインラインの開発に最大限の努力を費やしています。Toradexは、連携の強化により、皆にとってよりよい製品を生み出すことができると信じています。Toradexはコラボレーションの機会を常に求めています。

Yocto用のToradex BSPとイメージは無償で公開されているので、完全にカスタマイズしてエンドユーザーに再配布できます。広範なLinuxのエコシステムを活用すれば、より短期間で製品を市場投入することが可能です。

GitHubのToradex

リリースのロードマップ

四半期リリース

本番リリース
自動検証と手動検証を組み合わせた大規模な検証および実証済み。本番環境への導入用のビルドです。

月次リリース

現在開発中のステータスで自動検証の行われたリリース。次回の四半期リリースに追加される機能が含まれ、開発用途に最適です。

毎夜のビルド

毎晩提供。動作保証はありません。通常は、次回の月次リリースで問題が解決されるかどうかを確認するのに使用します。ご利用の際にはご注意ください。

長期サポート(LTS)

Toradexは、可能な限り、長期サポート対象となっているコンポーネントをBTSに利用しています。Yocto ProjectおよびLinuxカーネル LTSリリースとの整合性を維持しているので、サポートを受けられる期間を最長に引き延ばすことができます。

また、Toradexは、最新モジュールのサポートをメインラインのU-BootとメインラインのLinuxカーネルに継続的にアップストリームしています。加えて、Yocto Projectにも貢献しています。このような活動の結果、何年にもわたってToradex製品を最新の状態に更新し続けることが可能となり、こうしたプロジェクトが採用する厳格な品質レベルを大いに活用できます。

LTSコンポーネントベース
アップストリームへの貢献
品質確保
セキュリティおよび重要なバグ修正のための保守

すべてのToradexコンピューターオンモジュールがサポートされています

Apalis Arm® Family

Apalis Arm ファミリーのコンピューターオンモジュール(CoM)は、最適な消費電力で高度なコンピューティングおよび高性能なグラフィックスを提供すると同時に、高速インターフェースと広範なマルチメディア方式に対応しています。無償のBSPとWindows Embedded CompactおよびLinux(Yocto project)のサポートも含まれています。


Verdin Arm® Family

Verdin Armファミリーのコンピューターオンモジュール(CoM)は、最新の高速インターフェイス、分かりやすいピンアウトと小型のフォームファクタが組み合わされて、スケーラブルでピン互換性があり、消費電力の最適化された製品に仕上がっています。


Colibri Arm® Family

Colibri Armファミリーは、ピン互換性のあるシステムオンモジュール(SoM)の多様なポートフォリオを提供します。このSoMは、小型なフォームファクタでありながら、搭載された多数の産業インターフェイスおよび接続インターフェイスが付加価値をもたらします。無償のBSPとWindows Embedded CompactおよびLinux(Yocto project)のサポートも含まれています。


Have a Question?