Colibri iMX6ULLロードマップ

製品の最低コミットメント
NXPのロードマップによると
2028

ハードウエア ロードマップ

このロードマップは、ハードウェアの観点からの計画にを示しています。 このロードマップは製品そのものであり、特定のバージョン(例:V1.0Aなど)ではありません。

 
  • Q1 '18
  • Q2 '18
  • Q3 '18
  • Q4 '18
  • Q1 '19
  • Q2 '19
  • Q3 '19
  • Q4 '19
0036 Colibri iMX6ULL 256MB
  •  
  •  
0044 Colibri iMX6ULL 512MB IT
  •  
  •  
  •  
0045 Colibri iMX6ULL 512MB WB
  •  
  •  
  •  
0040 Colibri iMX6ULL 512MB WB IT
  •  
  •  

In Development

Sample Product

Volume product

*ボリューム製品の状態になる前のバージョンは、予告なしに変更される場合がありますのでご注意ください。 Toradexは、サンプル製品の段階ではバージョンが更新される可能性があります。製品がボリューム製品のバージョンへ変更された後、安定した製品を提供しておりますが、万が一変更が御座います時は、可能な限り敏速にご連絡申し上げます。Toradexのフェーズオーバーポリシーの詳細については、PCNポリシーページを参照してください。

ソフトウエア

こちらでは、BSP 2.8b2は現時点でのソフトウェアのステータスを示します

Software status
Beta
Stable version
TBA
Kernel version
4.9.84
Angstrom/Open
Embedded/Yocto
2017.12/rocko/2.4

実装された機能とソフトウェアのロードマップ

このリストは、この製品の実装および計画されているソフトウェアの最も重要な機能の概要を示しています。 詳細な機能リストとロードマップは、Developer Website's Linux BSP Release Details 及び Developer Website's Linux BSP Release Roadmapとなります。

Parallel RGB display
USB Host
SDIO / SD card
Analog input
PWM
I2C
Splash screen
DVFS
RTC
On-board Bluetooth
Ethernet
USB Client
Resistive Touch 4-wire
UART
CAN
SPI
Watchdog
Suspend / Resume
On-board Wi-Fi
RS485
Q2 2018