NXP i.MX 8 コンピューターモジュール - Apalis iMX8

製品ファミリーに戻る 問い合わせ

暫定情報:変更の可能性あり

ハイライト

  • NXP® i.MX 8QuadMax, 2x ARM® Cortex-A72, 4x Cortex-A53, 2x Cortex-M4
  • デュアルバンド 802.11ac Wi-Fi 及び Bluetooth BT 4.2 搭載
  • ヘテロマルチコア アーキテクチャによるマルチ OS の実装
  • 先進のハードウェア セキュリティ / セーフティ機能
  • 信号処理やコンピュータービジョン、HMI アプリケーションに最適

最高の性能と効率のために 8x ARM コア

Apalis iMX8 は最新の NXP® i.MX 8QuadMax SoC を搭載した小型のシステムモジュールです。 2x Cortex-A72 及び 4x Cortex-A53 アプリケーション プロセッサー コアに加えて、2x Cortex-M4 マイクロコントローラー コアも内蔵します。 集積された高性能デュアルコアGC7000 3D GPU が、4x 1080p もしくは1本の 4K 表示までの Open GL ES 3.0 及び Vulcan をサポートします。

Cortex M4 マイクロコントローラー コアは、リアルタイム アプリケーションをサポートするために、あるいはメインの Cortex-A72/A53 コアがオフの間の接続を維持するために、ご使用可能です。

先進のセーフティ / セキュリティ機能

SafeAssure® フェイルオーバー対応ディスプレイ コントローラーが、重要な表示を常にオンに保ち正しい内容を確実に維持します。 ハードウェア仮想化やセキュアブート、最新の暗号技術のサポートにより、安全でセキュアなシステムを構築できます。 i.MX8 SoC は先進の 28nm FDSOI シリコンプロセスで作られており、MTBF が増大し、ソフトエラーが低減しています。

トラデックスの Apalis フォームファクターは、産業用動作温度範囲 -40° から +85°C への対応を含めた厳しい環境に向けて特別に設計されています。 最も要求のきつい産業用ならびに民生用アプリケーションでお使いいただけます。 Apalis iMX8 は最低 2030 年までの供給が約束されています。

先進のビジョン及びメディア処理アプリケーションのために作られた

Apalis iMX8 モジュールは最先端のコンピュータービジョン システムを構築するのに最適です。 高性能デュアルコア GC7000 GPU が、複数の独立したディスプレイを用いた機能豊富で複雑な GUI をサポートします。 トラデックスは The Qt Company, Crank Software, 他と協力関係にあり、お客様の製品をより早く市場投入できるよう最適化された UI フレームワークを提供します。

トラデックス Apalis のエコシステムと利点

Apalis iMX8 は、他の Apalis ファミリー モジュールとピン互換です。 これにより既存の Apalis 用製品を用いて容易に新しい Apalis iMX8 へ移行可能です。 全てのトラデックス製 Apalis キャリアボードが Apalis iMX8 と共に使用できます。 大量のドキュメント、技術サポート、開発パートナー、そしてサードパーティー製キャリアボードが Apalis の堅固なエコシステムを構築しています。 静電式タッチスクリーンやカメラモジュールといった既製のアクセサリーやペリフェラルの存在により、製品の評価や高速開発が単純なものになります。

MXM SnapLock テクノロジーは、モジュールをキャリアボードに固定するユニークなコネクター機構です。Direct Breakout は、モジュールからキャリアボード上の I/O ポート及びコネクターまでのキャリアボード配線にまつわる複雑さを低減します。 パターンを1箇所に集中させたり、危険な高速信号を交じらせたりすることなく配線できるからです。 Apalis モジュールには、最も要求のきつい産業用アプリケーションでもお使いいただける丈夫なヒートシンクも用意されています。

Apalis iMX8 の最新情報を得るために登録してください