どうしてトラデックス

技術的また予算的要求に合致する適切なシステムモジュール (SoM) / コンピューターモジュール (CoM) を選択することはもちろんのこと、正しい SoM パートナーを選択することもまた、製品が成功を収めるためには極めて重要です。 SoM パートナーの選定にあたり、技術サポート、在庫状況、サプライチェーン、製品保守、等々、多くの要素を勘案せねばならないことでしょう。 これらの要求にトラデックスがいかに取り組んでいるかを下記にてご確認ください。

トラデックス製品は、24 時間 365 日のクリティカルなアプリケーションを実行したり過酷な環境に耐えたりするように設計されています。 3000 を超えるお客様の中には、高温、氷点下、激しい振動、湿気、等、極端な環境条件でトラデックスの SoM を使用されている方もいらっしゃいます。例えば、ワールドカップラリーカーでも使われています。

トラデックスは製品の品種数を制限しており、その代わり限られた品種を徹底的にテストすることに注力しています。 加えて、お客様の大半が各々のアプリケーションに特化したテストを実施されています。 一方でトラデックスはお客様に密着し広範囲に渡って共同作業を行います。 これによりお客様から信用を獲得し、お客様のテストからフィードバックを得ることが可能になります。 そうすることでトラデックス製品のさらなる改善に役立て、最終的に全てのお客様が間違い無く利益を得られるようにします。 全てのテストをご自身で実行することは避けたいのではないでしょうか? これがフルカスタムの SoM を超える大きなメリットです。

トラデックスのコンピューターモジュールは全品追跡可能で、各々の個体に対する詳細な試験結果もあります。 医療用分野に多くのお客様がいらっしゃることが、トラデックス製品が最高の品質要求及び規則に合致し得る証拠になっています。
トラデックスの全製造パートナーは ISO 9001 認証を受けています。
Apalis 及び Colibri は、それぞれのファミリー内でピン互換のSoM です。 これによって組込プラットフォームを再設計の必要無く確実に次の技術へシームレスに移行させられます。 性能差を持った SoM を使い分けることにより、同じアプリケーションソフトウェア、同じキャリアボードを使用して複数機種展開が可能です。 ピン互換性によって、市場がより高性能やより低価格を求めた場合に素早く対応できます。 トラデックスはハードウェアのピン互換性だけでは不十分であると認識しており、お客様のソフトウェアが容易にモジュール間を渡り歩けるよう最大限の努力を投入しています。
トラデックスは10年以上の製品アベイラビリティをお約束します。 現に 2005 年に立ち上げた Colibri PXA270 の販売を継続しています。 新規設計時の部品選定においては長期製品アベイラビリティが主な要求項目の1つとなっています。 SoM に搭載された部品が end-of-life (EOL) になるといった希なケースでは、うまく決められた Product Change Notification (PCN) プロセスに入りお客様のサプライチェーンからリスクを取り除きます。 トラデックスが代替部品を見つけ、必要に応じてソフトウェアの変更を行います。 これによりお客様の最終製品において製品寿命を通して発生し得る搭載部品の廃番に伴うリスクが最小のものとなります。
トラデックスは SoM のハードウェア、ソフトウェア両面の設計開発を内製で行うために相当な技術リソースを費やしています。 結果として最高の性能と電力効率に向けて最適化されたプラットフォームになっています。 このことは、コールドブートからアプリケーションの起動まで 0.5 秒以下の高速ブートデモなどによって明らかです。 お客様のアプリケーションに対してハードウェアから最大のものを確実に引き出せるようトラデックスの技術チームがお助けします。 トラデックスの組込用コンピューターモジュールには CUDA, OpenCL 対応 GPU, 暗号アクセラレータ, 高性能 3D レンダリングといった最新のハードウェア機能が備わっています。
トラデックスは SoM により手間いらずの利便性を提供します。 すぐに使える製品レベルの OS が搭載されていますので、お客様はアプリケーションに集中してください。 GPIO の制御とモニター、表示回りの設定、システムロードといった様々な ツール が開発期間中ずっとお役に立ちます。 トラデックスのパートナーと一緒になって、Qt, Crank UI, CODESYS, 仮想化, OTA, その他多くに対し 手間いらずのサポート を提供できます。 Toradex Easy Installer ツールによりインストールしたい OS を好きに選択できますし、量産工程もまた単純になります。 キャリアボード開発 のための広範な技術資料や回路図レビューが提供されますので、ご自身のキャリアボードをいち早く手にできます。
トラデックスの Developer Center は 800 以上の記事から構成されており、日々増えて行っています。 まさに Getting Started Guide からソフトウェアやハードウェアにまつわる深い技術情報までをカバーしています。 トラデックスの SoM に関連する多様なテーマに対して定期的な ウェビナー も開催しています。 さらに、技術 ブログ が組込製品の開発を横断する様々な話題に関する情報提供を行います
トラデックスは複数の 技術サポート チャネルで業界屈指のサポートを提供します。 メールか電話で技術者とお話しになれます。 もしくは活発な フォーラム をご利用ください。 そこではトラデックスの専門家がお客様からの質問と向き合います。 世界中に 現地のサポートチーム もありますので、遠慮なくお客様の母国語でお話しください。
トラデックスの extensive partner network として、開発委託を受けたりハードウェアを提供したりするサードパーティーが存在し、トラデックスから提供されるものを補完してくれます。

キャリアボードの設計は外注に出されますか? 実績あるパートナーが設計から製造までお引き受け可能です。 全パートナーがトラデックス製品に基づいたプロジェクトを成功裏に完了させていますので、実績あるサービスが受けられます。

トラデックスの SoM 向けに最適化された既製ソフトウェアを提供するパートナーも居ます。 シームレスな利便性を提供できるようパートナーとは密接に連携しています。 そういったパートナーをいくつか列挙すると、Qt, Crank Software, CODESYS, Resin.io, Prove & Run です。