Apalis 評価ボードはApalis製品ファミリーの機能と性能を調査し評価することのできる柔軟な開発環境です。物理コネクターと標準ピッチヘッダーを用いてApalisが持つインターフェースに簡単に接続することができます。ブレイクアウトエリアにより数多くのApalisインターフェースを簡単に測定でき、かつまた、信号のジャンパや切断を容易に行うことができます。

Apalis 評価ボードのPCBは、1層のみを高速信号の配線に用いた4層で構成されています。これは Direct Breakout テクノロジーにより最小限のリスクと労力で、最先端のインターフェースを極めて容易に実装できることを示します。回路図、レイアウト、IPC- 7351規格準拠部品ライブラリーといったCAEデータは、当社の開発者ウェブサイトから自由にダウンロードしていただけます。